ハーブガーデンシャンプーの洗い方次第で効果ないとかあるとか違いが!

ハーブガーデンシャンプーは、髪の毛のハリやコシ、ツヤをはじめ、頭皮の乾燥、かゆみ、フケ、ベタつきなどに働きかけてくれると評判ですよね。

 

そんなハーブガーデンシャンプーの効果を高めるためには、洗い方というか、使い方もとっても大事なのをご存知でしたか?

 

でも、ハーブガーデンシャンプーに限らずですが、洗い方ってそんなにいろいろある?って思いますよね。

 

ただ、洗い方次第で効果にも違いがある!ってなると、その効果的な洗い方ってのもチェックしておきたいものです。

 

ハーブガーデンシャンプー 洗い方

 

ハーブガーデンシャンプーの洗い方ってどういうやり方?

 

ハーブガーデンシャンプーに配合されている美髪成分などをより効果的なものにするためには、どういう洗い方をすればいいのでしょうか?

 

まず、これはハーブガーデンシャンプーに限ったことではないのですが、シャンプーで頭、髪を洗う前に、しっかりとシャワーなどで髪の毛の汚れ、頭皮の汚れを洗い流すことが大事。

 

予洗いなんていうみたいですが、頭皮や髪の汚れの約6割から7割は、この事前のシャワーなどでの予洗いで取れるらしいです。

 

この予洗いをしっかりしておくのは、シャンプーの働きを高めるのもそうですが、少ない量のシャンプーでしっかり洗える!というメリットもあるんです。

 

ハーブガーデンシャンプーも、決して安いものではないので、大事に使いたいですもんね。

 

できるなら、シャワーをかける前にブラッシングをして汚れをとっておくと、水の量も少なくできて水道代の節約にもなりそうですよ!

 

 

次に、しっかりと予洗いで汚れを取り除いたら、シャンプーを使って洗うわけですが、そのときにハーブガーデンシャンプーを手に取り、手のひらでしっかり伸ばして髪全体に撫でるようにつけていきます!
けっこうシャンプー剤って偏ってついてしまうことが多くて、ちゃんと洗えていないとかシャンプーを追加しないといけない!なんてこともあるんですよね。

 

なので、髪の毛にまんべんなく行き渡らせるためにも、手のひらで伸ばして髪の毛に付ける事が大事です。

 

髪の毛だけじゃなく、頭皮もしっかりもみほぐすように指の腹でマッサージをするように洗っていきます。

 

 

頭を洗うとき、襟足付近とかこめかみの高さで耳の周辺とか耳の後ろあたりというのは、けっこう見逃しやすいというか、洗い忘れをしやすいので、そういう部分もしっかりと洗って上げることが大事ですね。

 

 

あとは、しっかりとすすぎ、洗い流します。

 

洗ったあとですが、お風呂から上がり、髪を拭く、乾かすわけですが、髪をタオルで拭くときは、タオルで髪の毛を挟むようにしてポンポンポンと抑えて水気をとるようにすると、髪の毛を傷めないですみますよ!